シェービングクリーム

シェービングクリームの代用品について紹介します

シェービングクリームが切れてしまった場合には、泡立てた石鹸やシャンプー、コンディショナーで代用する方法があります。石鹸を使用する場合は泡立てネットでクリーム状にしてから使用した方が、肌へのダメージが少なく済みます。シャンプーかコンディショナーを使用する場合は、少し水を足し、泡立てた状態で使用するとシェービングクリームを使用した時のような剃り心地を体験することができます。人によれば、シェービングクリームでなく、コンディショナーを毎回使用する方もいます。また、代用品で即席のシェービングクリームを作り出すこともできます。1カップのシャンプーとコンディショナーを用意し、ベビーオイルとローションを混ぜ合わせ1時間待ちます。すると、とてもいい香りの代用品が完成します。ベビーオイルは気分に応じて、ココナッツオイルやひまし油に変えるとまた、異なった香を楽しむことができます。また、シャンプーは万能洗剤であるため、ウールのニットを洗う際や、窓ガラスや鏡の拭き掃除にも使用することができます。

最近は女性がシェービングクリームを使う機会も増えてます

 シェービングクリームを使うといえば男性が髭剃りの時にしっかりと塗って、剃刀でそり上げるというイメージをもたれる方も多いですし、実際そういう方がほとんどだと思われます。 ところが、最近は女性が男性と同様にそのシェービングクリームを使って顔そりをしていると言うこともよく聞くのです。実際それは女性はカミソリを使って産毛を剃ったり、眉毛を整えたりするのですが、シェービングクリームを使った方が肌に傷をつけることがなくスムーズに毛を処理できるということでもっぱら評判になっています。 男性は確かにヒゲが濃くシェービングクリームを使わずに、カミソリをそのままあてると肌に傷がつき血が出るようなことがあるのですが、肌を守るという意味では女性がシェービングクリームを使うという理屈も当てはまります。 肌を守るという意味では確かに有効だと思われますし、剃った後の滑らかさも石鹸を使ったり洗顔フォームを使うよりもずっと良いように思われます。

カミソリ負けしないためのシェービングクリームの正しい使い方

世の中の殆どの男性の日々の日課と言ってもよい髭剃り。多くの人が、自分の独自の方法もしくは、父親に教わった方法で剃っていることでしょう。しかし、それ故、きちんとした方法を知らず、カミソリ負けで肌を傷めてしまうケースが多いようです。ここでは正しいシェービングクリームの使い方を紹介します。まずシェービングクリームの量ですが、1回あたり、Lサイズの卵1個分程度が良いでしょう。掌にくぼみを作り、くぼみが埋まる程度にシェービングクリームを出します。その後は、両手に広げ、髭の生えている部分に薄く均等になるように塗っていきます。そしてしっかり浸透させるため、1分程度待ちます。あとは普通に髭を剃っていきます。カミソリに髭やクリームが詰まらないよう、適度にすすいでください。また、シェービングクリームの選び方ですが、洗顔機能や保湿機能を含んだもの等様々な種類があるので、いろいろ試して、自分の肌に合ったものを選びましょう。シェービングクリームは正しい使い方をすれば、十分効果を発揮し、カミソリ負けとは無縁になります。今一度、使い方を確認してみてはいかがでしょうか。